家族葬の相場は市川市ではどのくらいか解説します

市川市の葬儀会社で選ぶことができる葬儀の形式にはいろいろなものがありますが、そのなかでもよく選ばれている形式が4種類あるといいます。直葬、一日葬、家族葬、一般葬の4種類です。この4種類は市川市だけではなく、全国の都道府県でも葬儀で選ばれることが多いということです。直葬は、亡くなってからすぐに火葬場へご遺体を運んで荼毘に付し、儀実改めて葬儀を執り行うという場合に選ばれることが多いといいます。たとえば、社葬などを執り行う予定がある場合に選ばれることがあるということです。一日葬は、仏滅や友引などの日が悪いときに葬儀を執り行いたくない、ということで、少し間をあけて葬儀を執り行うときに選ばれることが多いです。一日でお葬式までを執り行ってしまうことからワンデーセレモニーとも呼ばれています。一般葬は昔から選ばれてきた形式で、参列したことがあるという人がもっとも多い葬儀だといえます。

故人をゆっくりと見送る時間を持てる

家族葬とは、家族や親族、そしてごく親しい人だけで執り行う葬儀の形式です。遺族がゆっくりと故人を見送る時間を持つことができるということで選ばれるようになってきたといいます。最近は市川市などの大都市圏で選ばれることが増えてきているということです。一般葬の縮小版という風に考えるとわかりやすいです。少人数で執り行うので、その分、遺族への負担も軽くなり、忙しなくおもてなしを行う必要もなくなるので、故人の思い出話などをする時間を作ることができるようになります。一般葬と同じ流れで葬儀を行うのですが、少しだけその内容に違いがあります。まず、この形式ではお香典やお供物などをいただかないことが多いです。なので、収入がないということになるので葬儀費用は自分たちで負担することになるということを理解しておくことが大切です。

大体30万円から50万円ほどが相場

家族葬は先にも書いたようにお香典やお供物などをいただくことがない場合が多いです。なので、葬儀費用になる収入がないということを考えて、この形式を執り行うようにしておきます。まず、家族葬の葬儀費用の相場はどのくらいなのか、というと、大体30万円から50万円ほどになるといいます。一般葬などよりも費用を抑えることができるということで選ばれることが多いですが、収入がないという点を考えると、遺族によっては逆に葬儀費用が高くなってしまった、と感じる人もいます。きちんとそのことを事前に葬儀会社のスタッフの方と相談して決めるようにしておくといいです。この形式は自由な内容で執り行うことができやすいということでも選ばれることが多いです。なので、遺族の希望にそうことができやすいというのが選ばれる理由のひとつだといえます。