市川市で家族葬を行うと決めたらやるべき事をまとめます

市川市の葬儀会社で執り行われる葬儀にはいろいろな形式のものがあります。そのなかでも特に選ばれることが多い形式のものが4種類あるといいます。直葬、一日葬、家族葬、一般葬の4つです。この4種類の形式は市川市以外の都道府県でも選ばれることが多い形式だということです。直葬は、亡くなった場所から火葬場へそのままご遺体を運んで荼毘に付し、後日改めて葬儀を執り行うという形式です。社葬などを執り行う予定がある遺族などに選ばれることが多いといいます。一日葬は仏滅や友引など、葬儀を執り行うには日が悪いといわれている日を避けるために、少し間をあけて葬儀を執り行うときに選ばれることが多いです。一日でお葬式などもすべて終わらせてしまうので、ワンデーセレモニーとも呼ばれています。一般葬は以前から選ばれることが多い形式で、地方によってはこの形式が一番多くなるところもあります。参列したことがあるという人がもっとも多い形式です。

ゆっくりと故人を見送る時間があるのがいい

家族葬は、家族や親族、ごく親しい人たちだけで執り行う葬儀のことです。遺族が故人を偲ぶことができる、ゆっくりと故人を見送る時間を持つことができるということで、市川市などの大都市圏で選ばれることが増えてきているといいます。家族や親族だけで執り行うので、遺族が参列者の方たちに気を使う必要もないですし、食事やお礼状などのおもてなしをするために忙しなく動く必要もないので、負担を減らすことができます。一般葬と同じ流れで葬儀を行いますが、一般葬との違いは、その参列している人数です。少人数で執り行うというところが一般葬とは違います。もうひとつ、お香典やお供物などをいただくことがない場合が多いということも一般葬との違いだといえます。なので、葬儀費用などは自腹で執り行うことになるということを理解しておく必要もあります。

トラブルを避けるためにやっておくべきこともある

家族葬を執り行うと決めたときは、どの葬儀会社で執り行うのかを決めることが大切です。最近は家族葬だけを執り行っている葬儀会社もありますが、病院で葬儀会社を紹介されることもありますし、生前に故人が希望していた場合は事前にどの葬儀会社で執り行うのかを決めておくようにするといいです。また、家族で執り行うときには参列してもらう人数や、どの範囲までを参列してもらうことにするのか、ということも決める必要があります。家族や親族のみということは、故人の生前のお付き合いや会社関係の方たち、ご近所の方なども弔問に訪れたいと言っていただいたときに、お断りしなければいけないことになります。葬儀後にトラブルなどを起こさないためにも、事前に参列してもらう人数や範囲なども決めておくようにするといいです。また、そのお知らせなども早めに伝えておくようにすることが大切です。