市川市で行う家族葬の傾向についてまとめます

市川市の葬儀会社で選ばれることが多い葬儀の形式は4種類あるといいます。直葬、一日葬、家族葬、一般葬などの4種類です。市川市以外でもこの4種類は選ばれやすい形式だということです。直葬は、亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を搬送し、火葬してから、後日改めて葬儀を行うときに選ばれることが多い形式です。社葬などを行うときに選ばれるといいます。一日葬は、日が悪くて葬儀を行うことができない場合に、少し間をあけて執り行うときに選ばれることがある形式です。一日で葬儀まで執り行ってしまうので、ワンデーセレモニーともいわれています。一般葬は昔からよく執り行われてきた葬儀の形式で、一度は参列したことがある、という人がもっとも多い形式のものだといいます。

ゆっくりと故人を見送ることができる時間がある

家族葬とは、家族や親族、ごく親しい人のみで執り行う葬儀です。遺族が故人をゆっくりと見送ることができるということで選ばれることが多くなってきているといいます。一般葬と同じ流れで葬儀を行いますが、少人数なので、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。一般葬と違うのは、お香典やお供物などをいただかない、というところです。なので、収入になるものがないので、葬儀費用などはほとんど自腹で行うことになります。そのことを理解してこの形式の葬儀を行うようにしておくことが大切です。また、一般葬と違って遺族が参列者などのおもてなしをする必要がないということで、遺族の負担を減らすことができるということで選ばれることもあります。ゆっくりと故人を偲ぶことができる時間をもてるのがいいです。

大体32パーセントほどが選んでいる

家族葬は市川市以外の葬儀会社でも選ばれることが増えてきており、一般葬などと比較すると全体の32パーセントほどで執り行われているといいます。家族葬は葬儀費用をあまりかけることができない、生前の故人の希望で行っているという人などもおり、たくさんの人にゆっくりと家族との最後の時間を過ごすことができる葬儀ということで考えられているといえます。一般葬や直葬、一日葬なども執り行われることが多いのですが、やはり葬儀費用と参列者へのおもてなしなどを考えて、この形式を選ぶ人が多いといいます。大きな都市圏以外の地方などでは一般葬を執り行うことが多いようですが、それでも以前と比較をすると、少しずつこの形式での葬儀が増えてきている傾向があるといいます。費用や遺族の気持ちなどからこの形式が選ばれる傾向にあることが確かだといえます。