市川市における一般的な葬式と家族葬の違い

市川市の葬儀会社ではお葬式の形式がいろいろとあります。そのなかから選ばれることが多い形式は大体4つほどです。市川市の葬儀会社以外でもこの4つの形式がやはりよく選ばれるといいます。まず、直葬です。直葬は亡くなった場所から直接そのまま火葬場へご遺体を搬送して火葬し、後日改めてお葬式を行うという形式です。この形式は社葬を行うという場合や遠方に家があるなどの理由で選ばれることがあります。それから一日葬です。一日葬は葬儀を行うのに日が悪く、少し間をあけなければいけないというときに選ばれることがあるといいます。一日でお通夜からお葬式までを執り行う形式です。一般葬は昔から執り行われてきたもので、参列したこともある人も多い形式です。参列者の方と遺族の大勢に見送ってもらうことができるということで選ばれることが多いです。

ゆっくりと故人を見送ることができる

家族葬も市川市の葬儀会社で選ばれることが多い形式です。一般葬の縮小版ともいえる形式で、少人数で葬儀を執り行います。家族や親族、ごく親しい人だけで執り行われるので家族葬はゆっくりと故人を見送ることができるという理由で選ばれることがあります。参列者も親族などなので、おもてなしばかりをする必要もなく、手間もかからないことから、この形式で葬儀をあげたいという人もいます。遺族の希望だけではなく、生前に故人がこの形式を望んでいたから、という理由で選ばれることもあります。この形式は密葬とも似ているので同じものだと思われる人もいますが、密葬とは内容が少し異なります。なので、密葬は密葬、と考えたほうがいいです。故人との最後の時間をゆっくりと思い出話などをしながら過ごすことができるのがいい、ということで、最近選ばれることが増えて

一般葬との違いも理解しておくといい

家族葬は一般葬の縮小版と考えるといい、と書きましたが、正確には少し違います。家族葬は通常の葬儀と比べると、葬儀の費用を抑えることができるのが選ばれる理由にも多いです。そもそも身内だけで執り行う葬儀なので、参列者への引き出物やお礼状を用意する必要がないということで手間がかからないようになっています。また、社葬のように体裁に気を遣うこともないので、自由なスタイルで葬儀を考えることが可能です。一般葬ではお香典などで葬儀費用を補うこともできますが、この形式ではお香典をもらうことがないことが多く、葬儀費用は自腹で行うことになる場合もあります。なので、あらかじめそのことについても考えておく必要があるといえます。一般葬では参列者の方たちへ食事やお礼などで忙しく、遺族がゆっくりとすることができない場合が多いので、この形式を選ぶ人が最近はとても多いといいます。